• このページを del.icio.us へ追加
  • このページを含むはてなブックマーク
  • このページをはてなブックマークへ追加

XHTMLコーディングサービスについて

イースリーでは、XHTMLコーディング、CSS設計の請け負いを行なっております。
リキッドレイアウトやエラスティックレイアウトにも対応できます。

サービスの料金はこちら。
お問合せ
株式会社イースリー
TEL 03-5210-1221
MAIL inet@e-3.jp

XHTML+CSSによるサイト制作

WEB標準に準拠することが当たり前になってきた

WEB制作が身近になった現在では、WEB制作会社がWEB標準に準拠することが当たり前になってきました。
検索エンジンへの最適化、読み込み速度の向上など、クライアント様にとって目に見える部分で大きな利点をもたらすことは、WEB標準に準拠したサイト制作をすることで可能になります。

従来のようなテーブルコーディングと呼ばれるHTML文書によるサイト制作をしていると、WEB標準に準拠したサイトが当たり前の時代では不利な状況に陥ります。
XHTML+CSSで制作したサイトが増えてくると、テーブルコーディングで作られたサイトはSEO、アクセシビリティ、ブランディングといった面で後手に回ってしまうからです。

XHTML+CSSでサイトを制作するメリット

XHTML+CSSでサイトを制作するメリットは、以下のような点が挙げられます。

検索エンジンに高く評価される文書構造

HTMLの文書構造をXHTMLでマークアップし、視覚表現はCSSで記述することにより、テーブルコーディングに較べ、HTML文書が非常にシンプルになります。
また、文書の構造が明確になることで、検索エンジンによる文書の評価が高くなります。
つまり、検索エンジンでの上位表示につながります。

HTML文書の軽減化により、読み込み速度の向上、通信帯域の有効活用が可能

前述の通り、XHTMLでマークアップした文書はテーブルコーディングに較べ、シンプルな文書になりますので、ブラウザのレンダリングスピードが速くなります。
つまり、ウェブページが表示される速度が速くなるということです。
また、HTML文書をサーバから送信する際の容量が低くなりますので、通信帯域を有効に活用することが可能になります。

文書構造とデザインを切り離すことによる、メンテナンス性の向上

従来のテーブルコーディングでは、視覚表現もHTMLで記述していました。
そうすると、デザインを変更する際には全てのページをコーディングしなおすことになり、非常にコストのかかる作業になっていました。

構造言語であるXHTMLで文書構造を記述し、表現言語であるCSSでデザインを記述することで、サイトのメンテナンス性を大幅に向上することが可能になります。
CSSを少し修正するだけで、全てのページに反映させることも可能になります。

高いアクセシビリティの実現

正しいXHTML+CSSでサイトを制作することで、様々なブラウザ、端末によるアクセスにも対応できるようになります。
障害者の方や、高齢者の方に配慮したウェブサイトは、今後の社会では必要とされるものです。
また、これからの社会では、パソコンからのアクセスだけでなく、携帯電話、ゲーム機など、多様な端末からのアクセスが増えていきます。
XHTML+CSSでサイトを制作することで、これらの環境からのアクセスにも対応することにより、高いアクセシビリティを実現することができます。

既存のデザインをウェブ標準へ

テーブルコーディングで制作されたウェブサイトを、XHTML+CSSで作り変えることも可能です。
SEO案件などにご利用ください。