• このページを del.icio.us へ追加
  • このページを含むはてなブックマーク
  • このページをはてなブックマークへ追加

コーディング規約(ベストプラクティス)の目的

共通して意識すること。 コードは書く時間より読む時間の方が多いため、読むことに重点を置くべき。 (時間は機会と置き換えても良い)

案件で特に指定が無い限り、utf-8で記述する。

実効オーダーに注意する。繰り返し構文が入れ子になっているところでは、それを並列にできないか考える。それができない場合、抜け出す条件などを適切に記述することで、余計なループに入らないように注意する。